レディースキャッシングのメリットについて

消費者金融から追加融資は受けられますか?

3月 1st, 2015by 管理人

なぜか、お金の必要な時というのは重なるものです。今すでに消費者金融からいくらかの融資を受けている人が、追加でもう少し借りたいと思うこともあるでしょう。その場合、追加融資を受けることが可能です。
消費者金融を利用する際に、審査を受けると融資が受けられる限度額が決定します。この限度額は、その人の総量規制の範囲内で、かつ審査の結果、実際に会社が貸し付けても良いとした金額のことですが、実はこの限度額には、もう一つ契約上の極度額というものが存在するのをご存知でしょうか。
一般的に言う利用限度額とは実際の融資額のことで、この範囲内なら自由に出し入れが可能な金額の上限を指します。例えば限度額40万円の人なら、40万円を超えない範囲なら、借り入れと返済を繰り返し何回でも利用できる、という仕組みです。
しかし、実際の契約書類には「ご契約額」という金額が表示されています。これと、利用限度額と契約額に差があるため、少し変に思う人もいるでしょう。
この契約額と言うが借入極度額とも呼ばれるものです。その人の利用限度額をここまでなら引き上げられますよ、という、いわば限度額の限度、というような設定になっています。
追加融資を受けるには、まず利用限度額の引き上げを希望します。その際は健全な借り入れを続けている事が最低条件です。実際に増額してもらうには新たに審査を受けなければいけませんが、銀行カードローン 審査に通過すれば、極度額の範囲内で新たに増資額が決定します。
しかし、この額についてもあくまで、総量規制範囲内で設定されていることをお忘れなく。

総量規制対象外のローン

2月 20th, 2015by 管理人

総量規制とは2010年の貸金業法の改正で消費者金融が融資をおこなうとき、融資限度額は年収の3分の1以内と制限され、一定以上の融資を受けるときは年収を確認することになっています。
総量規制には除外や例外があり消費者金融の商品すべてが総量規制の対象となっているわけではかりません。
総量規制の除外は、不動産購入費用やマイカーローン、高額医療費、有価証券を担保とした融資、不動産を担保にした融資など9項目あります。
これらの融資は総量規制の貸付残高に含まれないので、たとえば融資を受けるとき他社借入の項目にはこれらを除いた金額を記入します。
総量規制の例外は、顧客に一方的有利となる借換えや緊急の医療費の貸付け、配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け、個人事業者に対する貸付けなど6項目が例外にあたります。
たとえば「顧客に一方的有利となる借換え」は借り換えローンやおまとめローンが該当し「配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け」は収入のない専業主婦などが対象になり「個人事業者に対する貸付け」は個人事業者ローンが該当します。
これらの例外は融資残高として加算され、年収の3分の1をこえることになってもその部分について返済の能力が認められれば融資がされるものです。
総量規制対象外のローンは銀行カードローンが該当します。
銀行は銀行法で事業をおこなっているので貸金業法の対象にならないため、融資限度額は3分の1以内の制限を受けず、それぞれの銀行が独自の基準を決めて審査がおこなわれます。
急いでお金を借りたい時に気を付けること

プロミスはweb上だけでキャッシングの申し込みが完結する

2月 14th, 2015by 管理人

申し込み、審査、契約手続き、借り入れと返済、これがキャッシング 即日をするときの一連の流れです。
プロミスならこのすべてが来店不要でweb上で完結することができます。
これは即日キャッシングも可能な方法となっています。
申し込みは公式ホームページから必要情報を入力していく手続きとなります。
申し込みの際に必要な書類も届けに行く必要も郵送する必要もありません。
携帯電話のカメラで撮影、もしくはデジカメで撮影し画像にしたら指定のメールアドレスに送信するだけ、スマートフォンの場合には専用アプリから撮影し送信することもできます。
非常に簡単な鉄d機となります。
契約内容をインターネット上で確認すれば契約完了です。
即日キャッシングのためには審査対応時間や振込み対応時間に気をつける必要がありますが、足を運ぶことなく利用ができるプロミスは便利なものです。
借り入れ、返済、これも会員サービスから行うことができますs。
振込キャッシングやインターネット返済、これらを活用することでプロミスの使い道は格段に広くなるでしょう。
いつでもどこでもプロミスという味方ができることは心強いものです。
便利であることは借り過ぎの危険性もはらんでいます。
プロミスがいかに便利で行かに使いやすいからといっても使い道を間違ってしまっては大事になります。
便利だからこそ、使い道をしっかりと考え、計画的にキャッシングと向き合っていきましょう。
そのための方法がプロミスにはあります。

銀行のキャッシングで過剰なサービスは期待しない

2月 14th, 2015by 管理人

サービスの消費者金融、金利の銀行と覚えておきましょう。
銀行のキャッシングでサービスを期待することはできません。
初めてのキャシング 即日であればすでにさまざまな消費者金融や銀行のホームページを確認してみたでしょう。
その時に会員サービスにはどんなものがあるのかもご覧になったでしょうか。
基本的には銀行の会員サービスは返済額と返済日時を確認するためにあると考えてよいでしょう。
消費者金融にあるような多くのサービスは銀行の場合利用することができません。
例えば振込キャッシングです。
インターネットバンキングのカードローンであれば振込キャッシングの取り扱いが用意されているところもありますが、一般的な銀行の借り入れの場合、使い方はキャッシング専用カードを使うこととなっています。
振込キャッシングは使えずにATMからの借り入れが専用となるというものです。
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックで考えてみましょう。
テレビ窓口という自動契約機がありますのでその場でカードが発行される契約ができます。
それであれば手元にキャッシング専用カードがありますので借り入れがすぐにできますが、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックではカードなしでの借り入れも返済もできませんのでインターネット申し込みから行った契約では利用するためにはカードの到着を待たなくてはなりません。
金利た低い反面、使い方は非常にシンプルになるのが銀行だと覚えておきましょう。

消費者金融の審査について〜前編〜

2月 8th, 2015by 管理人

最短30分ほどとスピーディーに審査を行う消費者金融が続々登場してきており、即日借入は今や主流になりつつあるといっても過言ではないかもしれません。しかし、「消費者金融でカードローンを作るのは初めて」「急にお金が必要になったので即日融資可能な消費者金融を利用したい」という方の中には、わずか数分で行えるお試し診断に信憑性はあるのか?審査結果を最短30分で受取ることが出来ると宣伝しているけど本当に30分で審査は終わるのか?短時間できちんと審査できるものなのか?色々と不安がある……という方もいるようですね。
先に、答えをいうと答えは「YES」。申込者が殺到している、申し込み内容に偽りや不明点があり照合に時間がかかる、など特別な場合を除けば30分ほどで審査は終了します。
消費者金融に限らず金融機関で行われる審査内容については、どこも公開していないので詳細については定かではありませんが、通常自動審査と呼ばれる仮審査と本審査の2本立てで行われており、スピード審査が実現しているといわれています。
例えばインターネットから申込むと先に自動審査が行われ数秒〜数分で審査結果を受取ることが出来るようになっていることが多いと思います。この段階では申込みの時に申請した生年月日や年収、勤続年数、他社借り入れ件数・借入額など基本情報の数字についてコンピューターが自動計算し借入れ可能であるかを判断するだけなので「3秒で審査結果が出来る」という消費者金融があるように瞬時に審査は完了します。

カードローン利用者の申込み動機

2月 3rd, 2015by 管理人

お金が必要になった時、銀行や日本政府金融公庫など金利が安いところからの借り入れも考えたけれど、審査が厳しいうえに審査が通ったとしてもお金が入るまでに1ヶ月近くもかかってしまう。そのため「お金が必要な期日までに間に合わない」ので消費者金融のカードローンを申込み利用したという方は実に多いようです。
また、いつお金が必要な事態に直面するか分からないのでお守り代わりに消費者金融のカードローンを作り持ち歩いている、という方も多いようです。急な出費に備えて予めカードローンを申込み作っておいた、という方達の体験談や口コミを覗いてみると「カードローンを利用すると金利はかかるけれど、曜日・時間帯を気にすることなく利用することができるから」という意見が圧倒的に多いです。
それから、数あるカードローンの中からなぜそのカードを選んだか?という点に着目し理由を見てみると「入出金に手数料がかからないキャッシング 即日融資を優先して選んだ」といった意見が多かったです。
確かに、銀行や信用金庫などに預金をしていても、休日や時間外にキャッシュカードを使ってお金を引き出そうとすると自分のお金なのに「手数料が数百円かかってしまう」ということも珍しくありません。もちろん、必要になるお金がいくらか?ということが問題にはなりますが、数千円や1万円程度足りないのであれば数百円の手数料を払って自分の口座から引き出すよりも手数料がかからない消費者金融のカードローンを利用するのがお得な場合もあるので、先を見越して消費者金融のカードローンを作っておく、というのはある意味賢い選択といえるかもしれません。

キャッシングの即日融資は、必要なときに必要なお金をすぐ借りることができることから非常に便利なものとして人気があります。

各消費者金融のキャッシングや銀行カードローンを契約していれば提携先のコンビニATMやや銀行に設置されたATMからお金を引き出したり、口座振り込みを指定すれば口座へ即座に振込をしてもらえますが、あくまでも個人融資なので一般法人でも融資が受けられるのかといったところが疑問ですが、法人でも即日融資を受けることは可能で、通常法人での融資は資金計画を提出し、銀行を通じて融資を受けるのですが、審査に時間がかかり、緊急を要する場合には向きません。

ですから法人といっても即日融資を希望するのであれば、消費者金融や銀行カードローンでキャッシングすることで、法人での申込ではなく個人として融資を受けることで即日融資が受けられます。

個人で融資を受けるとき、消費者金融のキャッシングは年収の3分の1以内の融資限度額になり、多くの融資を希望するときは銀行カードローンが適しています。

銀行カードローンは申込者の属性にもよりますが、融資限度額が100万円から1,000万円といった高額融資も可能で、事業資金としての使用はできないことから目的が事業資金であれば審査に通らないこともありますが、フリーキャッシングといった利用目的を問わない商品もあり、個人で申込むことが可能なので自身の収入状況に応じた会社を選ぶことも可能となっています。

万が一の時には消費者金融相談を利用しよう

1月 24th, 2015by 管理人

改正貸金業法や総量規制がありますが万が一利用した収入証明書不要カードローンに心配を感じたのであれば消費者金融相談を行いましょう。
例えば国民生活センターや法テラスなどがその代表的なものとなっています。
例えばどんなことがあるのでしょうか。
消費者金融が安全である、それは改正貸金業法や総量規制によって確立されています。
しかし、大手だけではないのが消費者金融の現状です。
なにりそ2000社もある消費者金融になりますので仕方のないことといえばそうかもしれません。
だからこそ安心できる全国展開の大手を使った方がよいといわれる優でもあります。
強引な取り立てや勧誘はできないと金融庁が定めたガイドラインにあります。
しかしその強引かどうかのラインはどのようにしてきめるのかあいまいなところがあるのも事実です。
電話をかけてもよい時間や回数には制限があるもののそれが本人にとって許容範囲となる回数かどうかは価値観が違うでしょう。
また多重債務に苦しむときでも相談ができます。
多くの方は意図して多重債務にまで進んでいるのではなく借り癖がついたり計画をしていなかったために気が付いたら多重債務にまで陥っていたというパターンが多いものです。
一人で解決をするのには難しく、誰かの手を借りなければならないこともあるでしょう。
個人でその方法を模索するには難しいものであり、専門的な知識を持つ人のアドバイスが必要になるでしょう、
そんなときにも消費者相談は役立ってくれるものです。

どうしても急な借り入れが必要になったとき、それが平日の午前中であれば即日融資の言葉にも信憑性が出てくるでしょう。
ところが、平日の昼間とは限らないものです。
むしろ土日祝日、こちらの方が金融のお金が必要になることは多いかもしれません。
キャッシング枠付きのクレジットカードを持っているのであればそれで十分に対応ができるでしょう。
借り入れ金額に制限があり、金利も低くはないものの少額のキャッシングであれば負担がかからないものです。
なにしろ新しく契約をしなくてもよいという方法は安心ができます。

ところがクレジットカードもなく、これから契約をしなければならないとなれば不安は大きいでしょう。
消費者金融なら土日祝日でも即日融資が平日と同じように可能です。
大手消費者金融では自動契約機を用意しています。
見かけたことがあるでしょう。
大きな看板を掲げた無人の店舗です。
都内ならば駅周辺のビルのテナントとして、地方であれば大きな国道沿いに小さなプレハブ小屋程度の大きさで設置されています。
プロミス、アコム、アイフルの看板は見たことがあるでしょう。

自動契約機は年中無休です。
営業している時間内は審査にも対応しており、カードの発行もあります。
発行されたカードがあればそのままその消費者金融のATMでも近くにあるコンビニATMでも借り入れができます。
夜は21時程度まで営業がされていますが、各消費者金融によって営業時間には違いがありますので必ず確認をしましょう。
わすれてはいけないのは本人確認書類です。
運転免許証を持参しましょう。
無い場合には保険証やパスポートで代用をします。
銀行口座や印鑑は不要です。

さらに時間を有効に使うためには、インターネットや電話で事前に申し込みを済ませておきましょう。
申し込みと審査を済ませれば自動契約機では契約とカード発行をするだけです。
移動時間を有効に使うことで時間を短縮することができます。
また、先客がいた場合にも待ち時間を利用してインターネットから申し込みを行うなど時間に使い方をかんがえましょう。
どうしても今日でなければならない借り入れならば今何をするべきなのかを的確に判断しなくてはなりません。

親が代わりにカードローン返済をすることはあるの?

10月 14th, 2014by 管理人

親が自らその借金を代わりに返済して揚げ超ということはあるかもしれません。
それは当然我が子の金銭管理の無さを見かねた親が人生を立て直してもらいたい一心での提案になるはずです。
法整備がなされている今、むしろ親が代債するよりも自分で新しい道を切り開いていかなくてはならないだろうとあえて突き放す親もいることでしょう。
そうではなくカードローン会社が親に代債を要求するということがあるのか、これは心配なところかもしれません。
こと踏み倒し中の方であれば親にその事実がばれることを恐れていまだに打ち明けていないという方の方が多いでしょう。
それは親が怖いということではなく、こんなことになってしまった状況を親に知られ信頼を失うことへの恐怖かもしれません。
消費者金融が自宅に出向いて督促を親もしくは親族に要求するということはありません。
もちろんそれは正規の消費者金融に限ってのことです。
借り入れ先が闇金融であれば自宅への突入は容赦ないものと考えなくてはならないでしょう。
この問題はしっかりと確認していかなければなりませんので、闇金融対策として後述いたします。
債権者は債務者本人以外に返済を請求することができません。
第三者への代債要求は禁止されており、その第三者とは債権者と債務者を除く者となっていますので例え親であろうと第三者です。
またカードローン比較したの事実を第三者に伝えることも同様に禁止されています。
これらのことから見ても、自分が払えない状況になったとしても自分以外に返済を迫られる人いないということがわかるでしょう。

人からお金を借りる?今だからこそ知りたい自分にとってベストな借り入れ

8月 9th, 2014by 管理人

お金を借りる、つまりはキャッシングであったり借金であったりと言い方は変わりますがそれを考えているときに悩んでしまうのではないでしょうか。
借りる先が多岐にわたり、その業種も様々となりました。
親であれ友人であれ個人からお金を借りることは逆に少ないかもしれません。
一時的な借り入れを検討しているときには消費者金融がすぐに思い浮かぶでしょう。
ところが現在はその消費者金融の数も激減しています。
闇金を取り締まる法律ができ、過払い金の法律もできました。
改正貸金業法や総量規制もその一つです。
1980年代には4万件を超える貸金業者がありましたが2010年を超したあたりには2千件あまりとなっておりその数は9割以上も減っています。
消費者金融の数が減ったことによって借り入れる先が減ったのかといえばそうではありません。
銀行も個人融資に力を入れるようになり、また相次ぐ金融トラブルによって行政でも個人融資を積極的に行うようになりました。
多くの方が所有しているクレジットカードもまたキャッシング枠があり借り入れ先の一つに数えることができます。
できることならお金借りることなく生活をしていきたいと思っているものです、それは誰しも同じことになるでしょう。
しかしそうはいかない場合もでてくることはあるかもしれません。
ギャンブルや浪費などではなく已むに已まれぬ事情で借り入れを考えている方には参考にしてもらいたい情報を集めました。

プロミスは土日も審査をしているの?

6月 10th, 2014by 管理人

カードローンのプロミスは、土日でも審査に申し込みをする事が出来ます。ネット(パソコン・スマートフォン)や携帯、コールセンターでも、土日に審査を受け付けてくれるのです。

ただし、審査の状況によっては、即日結果を受け取る事が難しいかもしれません。申し込みを急がれる方は、ぜひプロミスの無人契約機から審査を受ける様にして下さい。

平日、土日に関係なく、朝の9時から夜21時まで審査を申し込む事が出来ます、ここでは融資とキャッシュカード、契約書類の発行を即日受け取る事ができるでしょう。

ただ、無人契約機の場合でも、書類に不備が合ったり審査の状況によって、即日融資が出来ない場合があります。お急ぎの方は、できるだけ時間に余裕を持って審査に申し込まれる事をおすすめします。

特に、年末年始や大型連休の前は、カードローンの申し込みが込み合う事が多いです。審査に時間がかかる事が多いので、できるだけこれらの時期の申し込みは避けるようにして下さい。

ネット申し込みの場合は、自動審査の機能を使って、その場で融資可能額や結果を知る事が出来ます。ただし、この場合も(込み合う時間や時期は)営業時間内にオペレーターから電話が掛かって来ない場合があります。

このため、できるだけ早めに、カードローン審査を受けられるように必要書類や申請の情報を集めるようにして下さい。申し込み内容に不備があっては、時間のロスに繋がりかねません。